企業や金融機関が保有する売掛債権・貸付金等の金銭債権を信託財産としてお預かりし、債権の管理・回収を行う信託です。企業や金融機関は委託者として債権を信託し、その信託受益権を信託銀行を通じて売却することで、資金を調達する他、金銭債権のオフバランス化が可能となります。一方、信託受益権は資金運用商品として地域金融機関を初めとする全国の機関投資家に売却されます。

 企業の資金調達手段の多様化ニーズおよび機関投資家の運用ニーズに支えられ発展してきた金融資産流動化市場は、法制面の充実や会計基準の整備により、重要な資金調達手段として、また、機関投資家の運用商品として定着しております。当社では、いち早く新制度を利用した商品を紹介してまいりました。今後も、信託によるオフバランス化ならではの商品を開発し、提供してまいります。